ひぃちゃんの☆のんびりDiary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしかったよ~ん♪
Cake(1).jpg


私のお気に入りのお店のかぼちゃのタルトでございます。
普通のお店なんだけどめったに開店していなくて、
時間もお菓子が出来上がってからという変わった←ごめんちゃい

女性一人でやってはるお店です。
日曜日に通りかかったら開いていたので
その日のケーキ『かぼちゃのタルト』をお買い上げ。
一つづつ(ワンホール)焼くので種類もありません。
私が知ってる限りでは定番はプリンとシュー、
ケーキが二種類。そのケーキもその日によって何があるのかわかりません。


その日に出来たお菓子をその日に売る。
「緋沙子‘s novel Ⅱ」に載せてます〔チーズケーキとアールグレイ〕の
パティシエ、智彰が同じ考えで自分の店を開きました。

智彰が恋人の菜緒にプロポーズをしたときの言葉です。

「菜緒といると笑えるんだよ。
何にもなくてもさ。
おまえといると、
俺、笑えるんだ。

落ち込んだこともあったんだ。

けどさ、わかったんだ俺。

菜緒を、笑わせたいんだ。
一番身近な、
一番大事な人を笑わせたいんだ。

それが、他の人にも広がっていけばいいなって思うんだ。」


Cake(1a).jpg


私はお店が開いていたことにまず笑顔。
そしてケーキを買えたことでまた笑顔。
お店で「うれしい、うれしい。」と連発して
彼女を笑わせてしまった。

一口食べては笑顔、また一口。
別に笑おうと思ってるわけじゃなく
自然ににやけてしまうおいしさなのでした。

世間に名の売れているブランドケーキでもここまでニヤケない。
粉とバターと玉子と砂糖。
当たり前の材料を当たり前のように感じて
ああお菓子ってこういうもんだ。
彼女の作ったお菓子は自然にそう思わせてくれるおいしさでした。

「笑顔の波紋が広がればいいね。」
智彰の奥さんになって毎日店に立つ菜緒が言った言葉です。

私は小説の中ではなく現実にそうなっている自分と
そうさせてくれる彼女のお菓子に感謝です。

ちなみに
緋写楽さんはかぼちゃが嫌いです。
なのに食べちゃいましたよ、おいしいと連発して。


週末、お天気もよく気温もぽかぽかでしたので
緋写楽さんお出かけされました。
写真、見てあげてください。


ウメ (1) ウメ (3) ウメ (5)
ウメ (8) 垂れ梅 (4) ウメ (9)
白梅 (1) 白梅 (2) ウメとメジロ



スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



プロフィール

緋沙子

Author:緋沙子
ひぃちゃんです♪
私の、のったり、くったりの日々に
お付き合いください。

写真担当: 緋写楽



カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -



最新記事



月別アーカイブ



最新コメント



カテゴリ



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。